緊急地震速報を受信しよう! ~防災のすすめ:スマートフォン版~

2017年12月3日、静岡県地域防災訓練がありました。静岡新聞[※1]によると、4400団体64万人が参加予定だそうです。
緊急地震速報は「ETWS(Earthquake and Tsunami Warning System)」と呼ばれる携帯ネットワークを用いた警報配信システムのことで、日本では気象庁が発報する地震や津波以外にも、「災害・避難情報」「Jアラート」で使用されています。
地震は最初にP波(初期微動:約7km/s)と呼ばれる周期の長く弱い地震の後に、S波(主要動:約4km/s)と呼ばれる非常に強い揺れが起こります。
この速度差(時間差)を利用し、甚大な被害をもたらすS波が到達する前に緊急地震速報を発報し、地震による被害を軽減することを目的としたシステムです。ただし、その特性上直下型地震や、震源から近い場所については速報が間に合わないことがあります。
以下にシステムの概要図を掲載します。(画像クリックで拡大)

地震計が地震を検知し、地上回線(光ファイバーケーブル)や衛星通信を用いて気象庁に送信し、気象庁のサーバで収集したデータを解析・計算し、各キャリアの通信回線から対象の地域に設置されている基地局や電波塔を通じて、私達のスマートフォンや携帯電話に情報を伝達しています。
余談ですが、報知音は誰でも判断でき、誰でも知っていることが重要との観点から、気象庁ではNHKの報知音で統一することを強く推奨しています。

(表1)キャリア一覧表
キャリア サービス名とリンク 備考
NTT docomo 緊急速報「エリアメール」 最大震度5弱以上の地震発生時、震度4以上の地域に速報を一斉配信
1m以上の津波が予想された地域に速報を一斉配信
台風や土砂災害などの避難情報(国や地方公共団体からの配信)

※各リンク先で報知音を視聴できます。通知の設定方法も掲載されています。
 注 意 !    
緊急地震速報に限らず、報知音は、いたずらに使用すると
各法律に基づき処罰の対象となります。

絶対に、家の外や電車・バスといった公共交通機関では流さないでください。
ヘッドフォンやイヤフォンを使用し、誰にも聞こえないようにしてください。

au 緊急地震速報
ソフトバンク 緊急速報メール
ワイモバイル 緊急速報メール

 


●TIPS:テレビではどうなっているの?     
地域の防災無線やテレビのテロップ、ラジオ放送などは以下のようになっています。
 ・防災無線:気象庁から対象地域の自治体に設置されている機材を通し、報知音と自動音声による速報を放送する。
 ・テレビ:気象庁から各局に対し信号を送り、各局が設置している機材を通して報知音とテロップ等を表示する。
 ・ラジオ:気象庁から各局に対し信号を送り、各局が設置している機材を通して報知音と自動音声で放送する。

注意
緊急地震速報に限らず、報知音は、いたずらに使用すると各法律に基づき処罰の対象となります。
絶対に、家の外や電車・バスといった公共交通機関では流さないでください。
ヘッドフォンやイヤフォンを使用し、誰にも聞こえないようにしてください。
NHKオンライン 一番下のフッターエリア(黒灰色の部分)にある、テキストリンク「緊急地震速報について」を選択→
右下の「緊急地震速報のチャイム音」バナーをクリック(音声が再生されます。)
備考:2017/12/03 15時頃、柊真冬として電話で問合せ、NHKふれあいセンター様より「TOPページへのリンクなら許可する」と頂いた。

★本題:緊急地震速報を受信できるスマートフォンを使っていますか? 
防災意識も高くなっている昨今、年に1回あるかどうかだった防災訓練も、年1回以上、多いところでは毎月実施している会社もあるとか。
会社や自治体で防災訓練として、スマートフォン(以下、端末)に緊急地震速報が送られてくる。はずだった──
訓練が始まり、皆の端末が鳴動する中、自分の端末は何も表示されなかった──
そんな経験はありませんか?
もしかして、設定でOFFにしていませんか? そもそも、その端末は対応していますか!?

格安スマフォや格安SIMといった製品が市場に出てからしばらく立ち、筆者の勤務先や関係者から時々質問されることがある。
「何故か私の端末だけが、緊急地震速報を受信できなかった」と。
受信できなかった端末の一部は、「報知音がうるさいからOFFにした」「初期設定でOFFにした」などの設定の問題。
設定についてはそれぞれが使用しているキャリアで確認して欲しい。上記キャリア一覧表(表1)で確認できる。
また、格安スマフォでも”ETWS”に対応した端末であれば受信できる。メーカーホームページから調べてみよう。
iSOとWindows10Mobile版は以下に記載している。

●iOSでの設定方法     
 ※iPhone5以降であれば対応している。
 ※iPadは対応していない。

①設定から、通知を選択

②一番下の緊急速報を選択

 

●Windows10Mobile版の設定方法     
 ※W10Mであっても、端末によっては選択肢が出ない場合もある。その端末はETWSに対応していないということだ。
  ちなみにY!速報といったアプリもない。積んだ・・・

①設定からシステムを開く

②メッセージングを開く

③「緊急警報の~」を開く

④項目を選択

●設定項目がない/格安スマフォを使っている(ETWS未対応機種)   
問題は、その設定項目自体がない端末だ。上記キャリア一覧表(表1)のリンク先でも「対応端末一覧」と言ったリンクが用意されているので、確認して欲しい。
そこに、利用している端末の情報がない場合や、格安スマートフォンでも”ETWS”に対応していない端末だった場合は、以下のアプリで解決しよう。
・アプリ「Yahoo!防災速報(以下、Y!防災)」をインストールする。(無料)

「Y!防災」は、Yahoo!Japanが提供するアプリの一つで、避難情報、地震情報、気象情報だけでなく、火山、国民保護、熱中症、土砂など、多岐にわたる災害情報をアプリ一本で網羅でき、ETWS搭載した端末でもインストールしている人が多い。使いやすく、分かりやすい。
iSO/Androidに対応している。

●それでも受信できない端末がある     
実は”ETWS”に対応しておらず、Y!防災アプリをインストールできない端末も存在する。
また、なぜかは分からないが、対応していて設定しても使えない端末もある。それはもう買い換えるかメーカーサポートに問い合わせるしか無い。


いかがでしたか?
当ブログの情報がお役に立てましたら幸いです。
これからもよろしくお願いします。

★PR
当ブログでは、見やすさ、整理のしやすさ、読み込み速度の快適性などの観点から、広告を挿入しておりません。
よろしければ、モチベーションの維持や機材維持のために、こちらのページから寄付をお願いします。(寄付の概要ページ(内部リンク)に飛びます)


●権利表記
・当記事で使用している商標等は、各地域、企業、個人等に帰属します。
・当記事の著作権は、柊真冬が所有しています。
・当記事の無断での二次利用、二次配布、盗用(自作発言等含む)はご遠慮ください。
・引用・参考元は以下の項目をご覧ください。
・引用・参考元記事の権利者の方で、掲載文の訂正・削除等をご希望の方は、TwitterのDMにてその旨をご連絡ください。
・記事に誤り等がある場合は、お手数をおかけしますがコメント、またはTwitterのDMにて連絡頂けますと幸いです。


●引用・参考資料
 気象庁:緊急地震速報について
 静岡新聞SBS 社会防災版 3日に静岡県地域防災訓練 4400団体64万人が参加(2017/12/02)


●更新履歴
2017/12/03 初版公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です